【ほぼ週刊くりがわら】ケガや病気で長期間仕事ができない時のための保険があります

目次

  • ケガや病気で長期間仕事ができない時のための保険があります
  • 「くりちゃんねる」栗原によるYouTubeチャンネルは毎日更新中です♪

みなさまこんにちは!香河です。

先日、サッカーワールドカップの日本代表メンバーが発表されましたね。

私はにわかサッカーファンというか、国内リーグについてはスポーツニュースなどを

観るくらいなのですが^^;

個人的に日本代表では、同じ名前の香川選手に頑張ってもらいたいです。

栗原会計の栗原&玉山は浦和レッズの大ファンなわけですが、

ワールドカップより国内リーグの方が大事だと言っていました(笑)

でも、なんだかんだ言ってもワールドカップが始まったら応援しちゃいますよね~。

今から楽しみです♪

それでは、今週もよろしくお願いします!


ケガや病気で長期間仕事ができない時のための保険があります

テレビCMを眺めていると、

・病気やケガの治療費を保障する医療保険や、

・がんと診断された時にその後の生活や治療費のための資金を保障するがん保険、

・死亡時に遺族のための生活資金を残すための生命保険

などが放送されています。

これらは、よく目にしますので、どんな場合に備えるための保険なのかイメージがつきやすいですよね。

ですが、これらのメジャーな保険では、カバーできないリスクがあります。

それは、ケガや病気をして長期間働けなくなってしまった場合の生活費です。

医療保険や傷害保険で医療費はカバーできても、生活費までまかなえきれない場合があるのです。

そんなシチュエーションで役立つ保険が、所得保障保険です。

所得保障保険は、あまり名前を聞かない保険なので、イメージがつきにくいかもしれませんが、

調べてみると、とても良い保険だと思いました。

今回は、どんなシチュエーションでこの保険が役に立つのかご紹介したいと思います。

ケース1

「主人が自営業をしており、私はパート勤務。子供がまだ幼いため、主人がケガなどで働けなくなった場合のことを考えるとすごく不安です。
万が一の場合の夫の収入を補う保険はないでしょうか?」

ケース2

「夫が病気で仕事ができなくなった場合、収入が減少してしまいます。
医療保険では入院費用はまかなえても生活費はまかなえないと知りました。
住宅ローンを返せるか不安です。
病気やケガで収入が減った場合に対応できる保険はありませんか?」

ケース3

「独身で個人事業主です。
会社勤務ではないため、病気で入院した場合などには収入がなくなる可能性があります。
そういった場合になんとか生活できるだけの資金が欲しいのですが、保険でカバーできないでしょうか?」

これらのケースに当てはまるような方にオススメの保険です。

個人事業主であったり、会社経営者であっても、旦那さんと奥さん二名の会社など、

働かないと収入を得られないといった場合に役立ちます。

ケガや病気になってしまった時、手術や入院が発生した場合の費用は医療保険でカバーできます。

ですが、入院ではなく2ヶ月自宅で療養が必要な場合、その間の生活費は支払われません。

2ヶ月の間、保険金も受け取れず、収入もない状態になってしまうわけですね。

そういう場合に、保険金で生活費をカバーできるのが、所得保障保険です。

骨折して2ヶ月現場に出られなくなるという出来事が起こる確率は、

万が一の事故にあって、死亡保険金を家族に残すことになる確率に比べて大きいはずです。

頻度(保険が結果的に役に立つ確率)という面で考えると、所得保障保険はすごく身近な保険だと思います。

ここまで調べてみると、なんでCMでみかけないのかな~と疑問に思ってしまいました。

手術費用は、社会保険があるので、最低限の補償はありますので、

この保険が役に立つ場面こそ、民間の保険が活躍する場面だと思います。

対象客数の違いなんでしょうかね??

ご参考までに所得保障保険と他の保険との違いをまとめておきました。

★他の保険との違いは?★

◆医療保険との違い
医療保険は、ケガや病気になった時の入院費や手術費用を保障する保険です。
対して、所得保障保険はケガや病気が原因で働けない状態になった時に、
年収の最大60%が補償され、毎月一定のお金を受け取ることができる保険です。

◆収入保障保険との違い
所得保障保険は、損害保険会社が販売している保険です。
生命保険会社が販売している、収入保障保険というものもあります。
収入保障の方は、死亡時に毎月もしくは一時で保険金が支払われる保険です。

保険のご相談はお気軽に、ご連絡下さい~。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ