【対談 第2回】寡占状態で打つべき手とは!?

栗原と名古屋革真塾 川崎氏の対談2回目

第1回目では、日本や世界で中小企業には不利な「寡占」が進んでいるということでした。
今回は、その寡占が進む状況の中で、中小企業が取るべき行動について詳しくお話しいただきました。

  • 知識と情報で経営のやり方が変わる
  • 正しい情報の選択
  • 数字と現場の観察:回転寿司チェーンの競争
  • 問題点の解決方法を確認する
  • どんな業種でも使える手法とは

対談のポッドキャストを配信中!コチラからどうぞ【寡占状態で打つべき手とは!?】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ