【ほぼ週刊くりがわら】自動車保険のポイントを考えよう

目次

  • 自動車保険のポイントを考えよう 前編
  • 楽しく学ぼう♪体験ストコンツアー【夏の陣】のご案内

みなさまこんにちは!香河です。

9月に入って急に過ごしやすい気温になったようです。

しかし、初旬は天候が荒れましたね…。

被害に合われた方がいないか心配です。天災って対策しようにも難しいですよね。

ちなんでというわけではないのですが、今週は保険についての話題です。

超大作になってしまって配信が遅くなってしまいました^^;

長いので、前編・後編に分けてお届けします。

それでは、今週もよろしくお願いします!


自動車保険のポイントを考えよう 前編

自動車保険は、クルマに乗る人ならほぼ必ず入る保険で、身近な保険ですよね。

最近は、ネットで入れる自動車保険も増えてきて、色々な選択肢があります。

ただ、保険って、万が一に備えて入るものですし、安ければいいというものでもないと思います。

保険会社はどんなポイントで選べばいいの?とか、車両保険ってどうすればいいの?など、

選択肢が多すぎて、考えるのが難しいなーと思っていました。

なので今週は、自動車保険を選ぶポイントや、自分にあった保障内容にするための考え方について

情報を仕入れてきましたので、みなさんに紹介したいと思います。

1.対人賠償

保証は無制限、といってもその中身は、保険会社によって違う場合があるそうです。

1日あたりの保障額とかそういうところですね。

2.車両保険について

個人的に、自動車保険でここが一番良くわかっていなかったポイントです。

実は、うちの玉山も自動車保険に入る時に、よく分からなくて適当に選んだらしいです(笑)

そこで、今回は玉山の自動車保険を説明の例に出そうと思います。


車両保険金額:200万円

車両保険条件:ワイドカバー型(一般条件)

免責ゼロ特約:あり

免責金額1回目:0万円

免責金額2回目以降:10万円

こんな車両保険を付けています。

1つずつ見て行きましょう。

・車両保険金額

この金額って保険会社に決められた範囲内でしか設定できないんです。

さらに、更新の時に変えようとしても、その根拠がないと認められなかったりするようです。

例えば、ホイールを変えて価値が上がったからとか、理由が必要になります。

ここで、保険料の節約とかはできないんですね。

・車両保険条件

保険会社によって表現が異なるかもしれませんが、

「一般条件」と「限定条件」から選ぶことができます。

これによって補償の範囲が変わるのですが、一般だとほとんどの車両事故を補償するタイプです。

限定条件というのは、自損事故など相手の車両がいない事故は、補償しませんよというタイプです。

その分、保険料が割安になるわけですね。

自分の運転に自信がある場合は、限定条件にして保険料を抑えることができます。

・免責

ここも保険料に影響します。

免責ってそもそも、何?というところから説明しますね。

免責とはズバリ、○○万円までの損害では、保険会社は保険金を支払ません。

という条件です。この免責の範囲が大きければ大きいほど、保険料は割安になるわけです。

さらに、重要なポイントがあります。

自動車保険って等級が上がると、保険料がどんどん安くなりますよね。

逆に、等級が下がってしまうような事故があると、保険金を受けとる代わりに、保険料が上がってしまいます。

実はここで、免責が活躍します。

例えば、修理代5万円くらいの軽い事故で、保険を使って修理をしたとします。

それで、翌年の等級がひとつ下がったとします。

そうすると…

保険を使わず、等級が上がった場合に支払う保険料と、

保険を使って、等級が下がった場合に支払う保険料に差額が発生します。

この差額が、3年間くらいのスパンで見ると、受け取った保険金を超えてしまう場合があるのです。

・等級が下がった時に、どれくらい差額があるのか

・何年間で差額が、受け取った保険金を超えるのか

これらは、もちろん個別にシュミレーションする必要があります。

ですが、人によっては5万円免責を付けて、5万円くらいの修理代ならポケットマネーで支払って、

それ以上の大きな事故に備える保険と考えて、毎年の保険料を安くしたほうがいいという場合もあります。

逆に、5万円でも、急な出費は困るから、多少保険料は高くなっても免責は0にしたい!

保険事故が起きた後の保険料は、その時考える!という考え方もまたありだと思います。

さらに、免責をいくらに設定するかも個人ごとの財政状況や事故のリスクに応じて、

最適な金額は変わってくると思います。

自分でシュミレーション出来る場合はいいですが、難しい場合はやはり専門家に相談するのが一番ですね。

免責って結構、保険料に影響するみたいですよー。

長くなってしまったので、他のポイントは来週お届けいたします~。


楽しく学ぼう♪体験ストコンツアー【夏の陣】のご案内

楽しく学べる体験ストコンツアーのお知らせです。

栗原会計では、北関東・アメリカ・タイのストコンツアーを開催していますが、
もっと手軽に参加できる体験ストコンツアーを企画しました。

体験ストコンツアーでは、半日で蕨・川口のチェーンストアを見て回ります。

売り場は季節に応じて変化しています。

冬と夏とでは、お客さまの行動が変わるからです。

イケてる企業がお客さまのためにどんな「チェンジ」をしているのか、観察しに行きましょう♪

解説は栗原会計のスタッフが行います!

解説といっても、仰々しいものではなく、みんなで楽しくやれればと思っています^^

ストコンとはどんなものなのかぜひ、体験してみてください♪

■体験ストコンツアー詳細
開催日時:

  • 2013年9月18日(水)14:00~18:00 解説:栗原

費用:3,150円
集合場所:栗原会計事務所

お申し込みについては、
下記の項目をご記入の上、このメールに返信してください。

—————————————————–
『体験ストコンツアー』参加のお申込み
 参加する日程:
 会社名:
 お名前:
 お電話:
—————————————————–

ではみなさまのご参加をお待ちしておりま~す!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ